ミュゼプラチナムで採用されているS.S.C.方式とは

ミュゼで採用されているS.S.C.方式は、
フィリニーブという脱毛成分が含まれた物質を、
毛穴に浸透させることにより、脱毛する方法です。

 

S.S.C.方式でも、光は使いますが、
この光は光脱毛に用いられる光とは異なる光で、
(S.S.C.方式では、「クリプトンライト」を用います。)
またその目的も、フィリニーブが毛穴に浸透するのを助けるためで、
光によって脱毛するわけではありません。
(肌や毛には反応しない光を用いています。)

 

S.S.C.方式についてより詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

一方、光脱毛(「フラッシュ脱毛」も同じ意味です)は、
メラニン色素に反応する光(キセノンランプ)を用いる方法で、
メラニン色素を多く持つムダ毛に光を照射して、
毛に熱を与え、毛根にダメージを与えて脱毛します。
(レーザー脱毛も、同様の仕組みの方法です。)

 

 

このように、この2つの方法は、
そもそもとして、仕組みがまったく異なる方法なのです。

 

S.S.C.方式は日本向けに開発された脱毛方法

日本人は、白人に比べて肌にメラニン色素を多く持つため、
光脱毛では、効果が得られにくく、また、肌へのダメージも大きいです。
(白人と比較して、の話です。)
※光やレーザーを使った脱毛方法は、元々白人向けに開発された方法です。

 

そのため、日本人向けには、
光脱毛などとは違う仕組みの脱毛方法が必要で、
そこで、イタリアのフィレンツェに本社を構える医療・美容機器のメーカーのDEKA(デカ)社により、
開発されたのが、S.S.C.方式なのです。

 

このように、日本人向けに開発された方法であるため、
当然ながら、S.S.C.方式は日本人に適した脱毛方法です。
(日本人の肌・皮膚に適するように開発された方法です。)

 

 

このような成り立ちから、
S.S.C.方式が、光脱毛の一種であったり、
または、似たような方法であったり、ということは、
あり得ないことなのです。

 

S.S.C.方式で毛が抜ける仕組みも、
このような事情も何も知らずに、
「S.S.C.方式は、光脱毛の一種です。」
などと記載しているサイトも多くありますので、
注意していた方が良いですね。

 

 

日本人に適したS.S.C.方式で脱毛するなら、
ミュゼプラチナムがおすすめです。

 

ミュゼの最新キャンペーン情報・予約はこちらです。
MUSEE PLATINUM